個性豊かなピカポンたちをご紹介!

ピカちゃん

雷から生まれた初代ピカポン。長い旅を経ながら、他のピカポンたちと出会い、ピカ島と呼ばれる島を作り上げてきた。普段は平和にのんびりと暮らしつつも、国内外に旅行へ行ったりと、意外にアクティブな日常を送っている。趣味はお昼寝で得意料理はおにぎり。口ぐせは「○○っピ」。

チビちゃん

ピカちゃんの大親友。ピカちゃんと同じ稲妻から生まれていたため、性格もピカちゃんと似て優しく、ほぼ一緒に行動を共にしている。また、聞きにくい事でもおかまいなしにヒアリングして、会話によく顔を出している。好きな食べ物はシウマイで、崎○軒をこよなく愛している。口癖は「〇〇だな〜」。

デカちゃん

ピカ島の王様。地球の誕生時に生まれたらしく、自称年齢は46億歳。トレードマークは王様の威厳を醸し出すマント。各国の有名観光地の設立に関わったりと、万物を統べるピカポンとしても崇められている。一見言葉はぶっきらぼうだが、誰よりも島のことを考えている。口癖は「〇〇ゆえー」。

みどしゃん&みどすけ

ピカちゃん一行が森で発見した、花や虫の観察が大好きな兄弟ピカポン。趣味は勉強や読書とあって、この世の中の多くを知っているらしい。コンビネーションは抜群で、虫眼鏡と鉛筆とノートがトレードマーク。口癖は、みどしゃんが「〇〇ぷーぴー」、みどすけが「〇〇っぷ」。

まるしゃん

ピカ島から海を隔てた花の都でファッションの勉強をしていたところ、ピカちゃんと出会い行動を共にすることになった。声が低く、普段は寡黙であまり喋らないが、たまに新しい着こなしを紹介してくれる。ちなみに、デカちゃんのマントもまるしゃんが縫製したものらしい。口癖は「〇〇ぷー」。

みどまるしゃん

お掃除や洗濯が大好きなピカポン。ピカちゃん一行が森でバーベキューをしている時に出会った。とてもきれい好きな性格で、ピカ島に虫や動物が多いのはみどまるしゃんのおかげである。最近はエコな活動や素敵な空間作りにも興味が出てきているようだ。口癖は「〇〇ぴーぷー」。

こがしゃん

ピカ島のお医者さんピカポン。健康に関するアドバイスはもちろんのこと、その豊富な知識でピカポンたちの悩みを解決してきた。あまり多くを語らないが、一歩引いた立場から、常にピカ島の平和を願っている。普段は白衣を着ているが、本気モードになるとメガネをかける。口癖は「〇〇なのさ」。

こんまるしゃん

ピカ島で1番の食いしん坊。お腹がこんもりしているので、「こんまるしゃん」の愛称で呼ばれている。グルメに関する知識が豊富で、いつも美味しいお店を見つけてきては、周りのピカポンたちと食べに行っているようだ。最近ではお腹を凹ますために、ダイエットを始めたらしい。口癖は「〇〇まるー」。

ももしゃん

ミステリアスかつ占いが得意なピカポン。ピカ島のあらゆることを占っているが、かなり適当な占いとの評判らしい。島の財政担当だが、お金の使い道を祈祷や占星術で適当に決めてしまうため、他のピカポンは戦々恐々している。好きな食べ物は名前の通り「もも」。口癖は「〇〇わよー」。

ちびすけ&ももすけ

わんぱく坊やのちびすけと、引っ込み思案のももすけという凸凹コンビ。ちびすけは探検好きで、動物や風と一緒に音楽を奏でている。ももすけは最先端技術に詳しく、ピカ島のエンジニアとして活躍しているようだ。口癖は、ちびすけが「〇〇しゃーん」、ももすけが「〇〇なのです」。

きいろどでしゃん

ピカ島に美味しい匂いが立ち込めてきたら、きいろどでしゃんが腕を奮って料理を作っているはずである。毎日料理をたくさん作ってピカポンたちを喜ばせている。体が大きく世話好きで、頼れるお母さんピカポンでもある。トレードマークは愛らしい赤いほっぺ。口癖は「〇〇どでー」。

ぴんくどでしゃん

ピカ島を支えるお父さんピカポン。普段はサングラスをしているが、趣味のカメラに没頭しているときは、その素顔を覗かせることも多い。ピカ島の花鳥風月を愛し、その日常を写真に収めている。大きい体を生かした力仕事も得意で、とても頼られているようだ。口癖は「〇〇どでっ」。